東京のOLがフィンランドでインターンした話

フィンランドの教育現場でインターン後、北欧雑貨のバイヤー・モデル・ライターとして活動/現地での体験やマニアックな情報を更新中

ヘルシンキっ子おすすめのカフェ Sininen Huvilan Kahvila

2016.7.24.
朝からヒエタラハティとハカニエミのフリーマーケットを行き来しました。先週と変わらない過ごし方ですね^^;

 

マリメッコの廃盤生地とハリネズミのブラシのセットが3€だったので、ほくほくしています。

 

15時からフィンランド人デザイナーのLさんとハカニエミ近くのSininen Huvilan Kahvilaへ行きました。日本で読んだガイドブックでは見たことのない長い名前です。

 

 

sininenhuvila.weebly.com

 

店名を日本語にすると、

Sininen(青い) huvilan(大邸宅・貸別荘の)kahvila(カフェ)

 

f:id:aakikko:20180618220239j:image

 

たしかに、外観は大きな邸宅です。納得。

 

f:id:aakikko:20180618221621j:image

 

そこではLさんとアイスクリームを食べながらおしゃべりしました。ふだんの私だったらチョコレートを選びますが、Lさんのおすすめを聞いてみると

 

Vadelma Lakritsi(ラズベリーラクリッツ)

 

ラクリッツを私の言葉で説明するなら、甘草が原料で、サルミアッキから塩気がなくなったようなおいしくないお菓子です。そのラズベリー味。うんうん、これはまずいにちがいない。

 

trip-s.world

 

 とはいえ、地元の人のおすすめを聞いといて、それを頼まないのは気まずいと思ってしまうチキンハートなので、Vadelma Lakritsi味を選びました。

 

写真を撮りさえしないくらい期待していなかったのですが、おいしかったです。(写真に残しておくんだった・・・)

 

私に新たな価値観をセットアップしてくれたLさんに感謝です。

 

Lさんは、EspooとHelsinkiの間に位置するLehtisaariにあるMaja Coffee Roasteryのコーヒーがとびきりおいしいことや、その日本人オーナーがフィンランド語をとても上手に話すこと、フィンランド語を学ぶならKansalaisopisto(市民学校)がおすすめよ、と色んなことを私に教えてくれました。

 

www.yelp.com

 

私がこれからポルヴォーのアートスクールでインターンシップを始めることを伝えると、LさんはJenni Tuominenさんという素敵なセラミックとテキスタイルのデザイナーがそこで先生をしていたことも教えてくれました。

 

あとで知ったのですが、Jenni女史はmarimekkoのデザイナーさんでもありました。私は4年前に彼女のテキスタイルでポーチを作ったことがあるので、なんだかうれしかったです。

 

www.jennituominen.com

 

 Lさんの作品は日本でとても人気があるので、彼女は何度も東京へ出張しており、活動拠点とするヘルシンキでは日本語のクラスをKansalaisopistoでとっているそうです。

 

私は彼女から役立つ情報をたくさん教えてもらっておきながら、なかなか彼女の役に立てそうなことを英語に起こせず、もどかしい思いをしました。

 

Lさんは、私でも分かるように配慮して話してくれます。私が聞き返すとゆっくり話してくれたり、よりシンプルな言葉に言い換えたりしてくれるのです。

 

(私も、日本語を勉強している外国の人と日本語で話す時はこの振る舞いをお手本にしよう・・・)

 

彼女「日本のある家具が最高でね、ブランケットとテーブルをコンバインしたものなんだけど。あそこで一日過ごしてしまうわ。うーん、なんて言うんだっけ?」

 

私「それはコタツですね!」

 

自分が何かを自信を持って伝えられたのはこの1シーンだけだった気がします。とほほ。

 

これからたくさん外国語を学んで、Lさんに再会するころには少しでも成長して、より楽しく時間を過ごせるようになりたいと思ったのでした。

プナヴオリ地区でウィンドウショッピング

2016.7.23.
サンタクロースの街でお馴染みの都市ロヴァニエミからTさんがヘルシンキにいらっしゃいました。フォトグラファーAさんの計らいによって、私はTさんからカフェで色んなお話を伺うことができました。

 

あっという間に次の予定の時間になり、私はW先生と合流するために中央駅へ向かいます。駅は大勢の人でごった返していましたが、先生は私をすぐに見つけてくれました。

 

素晴らしい天気なので、中央駅からプナヴオリ地区へと歩いて行くことにしました。この辺りは洗練された雑貨屋さんが密集していて、Design Districtと呼ばれています。

 

f:id:aakikko:20180617155705j:image

 

こうして、先生のウィンドウショッピングが始まりました。

 

以下、先生のお買い物スポット▼

designdistrict.fi

 

designdistrict.fi

 

designdistrict.fi

 

designdistrict.fi

 

南の方へ歩いているうちに、海辺のカフェ ウルスラに着きました。

 

Café Ursula

 

ウルスラと聞くと、「魔女の宅急便」に出てくるミステリアスな女の子を思い出すのは私だけでしょうか・・)

 

このカフェは映画「かもめ食堂」の撮影地としてもお馴染みですね。

 

www.happyon.jp

 

海辺のテラスでケーキとコーヒーを楽しみながら、カオジロガンの群れを眺める土曜の午後・・・なんて心地よいのでしょうか。

 

ちなみにカオジロガンとは、フィンランドでは絶滅危惧種とされている鳥です。

海の近くの原っぱにフンをするのですが緑色に紛れる色なので、うっかり踏まないようにご注意くださいませ。

 

それにしてもW先生は相変わらずのマシンガントークです。先生の周りだけ(良い意味で)時空が歪んで見えたのでした。

 

フィンランドあるある:エスニックブッフェにお寿司が並んでる件

2016.7.22.
ヘルシンキ暮らしも残りわずかなので、デザイン地区のカフェへランチに行ってみました。

 

Lungi Kortteliravintola - etusivu

 

が、7月は夏季休業中・・・。7月のフィンランドは夏休み真っ只中です。特に個人経営のレストランやカフェ、セカンドハンドショップなどは数週間~1ヶ月まるっと休業している場合があり得ます。


この時期にフィンランドへいらっしゃる方は、マストなお店に関しては事前にSNSなどでご確認されたほうがよいかもしれません。


結局、メトロのKaisaniemi駅(現:Helsingin Yliopisto駅)のフードコートにあるHappinessで食べました。
※こちらは2018年に閉業しているようです。

 

これはフィンランドあるあるだと思いますが、タイ料理や中華料理のブッフェに行くと、なぜかお寿司もブッフェ形式で一緒に並んでいるんですよね。もはや、スオミの七不思議。

 

f:id:aakikko:20180617191153j:image

 

( クオリティの方はお察しください )


写真右上の塩辛いお味噌汁には大きなサーモンがごろごろ入っていて、さすが北欧・・・。ちなみにHさんがお寿司とともに選んでいました▼

 

f:id:aakikko:20180615124412j:image

 

( クオリティの方はお察しください )


夕方は、ヨハネス教会の原っぱでシートを敷いて、読書しました。

 

f:id:aakikko:20180615124432j:image

 

てんとう虫の多さにびっくりして、読書に少し集中できませんでしたが、気持ちの良い緑と空気の中でのんびりできて幸せでした。

映画「オンネリとアンネリのおうち」を観てきました

2018.6.9.
恵比寿ガーデンシネマにて劇場公開が始まりました。

 

f:id:aakikko:20180615134414j:image

 

この日は、ほぼ日の「生活のたのしみ展」がガーデンプレイスで開催されていたため、ものすごく賑わっています。

 

seikatsunotanoshimi.1101.com

 

STAMP AND DIARYなど、私の好きなブランドさんも出展されていたので見て回りたかったのですが、人が本当に多かったのと外が暑かったのとで、今回は断念(泣)

 

stamps-co.com


上映前の劇場では等々力のワンナイト・フィンランドバーで知り合ったフィンランド語が堪能なお姉さまにも再会できて、うれしい週末のスタートとなりました。

 

www.shime.design

 

f:id:aakikko:20180615222042j:image

 

上映後はSaara Cantell監督による舞台挨拶がありました。なんと、監督は映画の公開に合わせて来日したのではなく、たまたま日本に旅行に来ていたので、この場が出来上がったそうです。奇跡。

 

f:id:aakikko:20180615134515j:image

 

インタビューは短時間でしたが、本作品の「かわいい」の源流がフワッと知れました。

 

個人的には、どのシーンのどこの部分の撮影にどんな課題があって難しかったか、などが知りたかったですね。

 

青山で次の予定が入っていたので、私は足早に恵比寿を後にしました。

収益を教育費に充てるフィンランドの遊園地

2016.7.21.

バーを後にした私たちは、ブリニがおいしいレストランでお夕飯を食べました。

 

ブリニとは、そば粉入りのパンケーキでサーモンやベリーのジャム、サワークリームとともに食べるロシア料理です。

 

レストランの名前はブリニト(ブリニの複数形の意)と分かりやすく、店構えもロシアのマトリョーシカを連想させる色遣い。

 

オーダー時はiPad端末で、メニュー画像や風味の英語表記もあるので安心です。
 

BLINIt – Venäläinen pikaruoka

 

そのうえリーズナブルな価格で隣国ロシア料理を楽しめますし、日曜22時まで営業しているので、フィンランド料理に飽きてきた観光客の方にもおすすめですよ。

 

ブリニを食べた後は歩いてLinnanmäki リンナンマキ遊園地に行きました。アトラクションに乗らなくても出入りできます。

 

ここは学生アルバイトによって運営されており、収益は国の教育費に充てられていると聞いたことがあります。

参照元は見つけられず・・・)

 

ムーミン谷の小屋?

 

f:id:aakikko:20180613171938j:image

 

よく見るとなかなかチープな作りでほっこりします(笑)

 

f:id:aakikko:20180613172209j:image

 

遊園地へは岩場の階段を上って入場するのですが、そこにばい菌のイメージにしか見えない花が咲いていました。

 

f:id:aakikko:20180613172204j:image

 

おもしろかったのでインスタグラムにアップしたら、フォロワーさんがこの植物の名前を教えてくれました。

 

「ルリタマアザミ」というそうです。見たまんまの覚えやすい名前ですね。

 

ヘルシンキで一番、空に近い場所

2016.7.21.
Hさんが仕事終わりにHotel Torniの屋上にあるアトリエバーへ連れて行ってくれました。

 

www.raflaamo.fi


 

ここはヘルシンキで一番高い場所にあり、街を一望できます。

 

f:id:aakikko:20180612182912j:image

 

ホットチョコレートを注文すると、Fazerのチョコレートも一粒付いてきます。そういえば、フィンエアーに乗った時も着陸前にCAさんが配っていましたね。

 

このチョコレートは、フィンランド土産の定番ですが、日本でも一時期、KALDI成城石井で取り扱っていたような・・・。

ホットチョコレートの上のクリームは冷たくて、下のココアは温かくて、甘さひかえめでした。

 

f:id:aakikko:20180612192026j:image

 

夕方ですが、白夜なので日が沈む気配はありません。街は優しい光に包まれています。

 

私たちは美しい街の眺望を楽しみ、ホットチョコレートを飲み終えると次なる目的地へ向かいました。

ヘルシンキ大学の学食ランチ

2016.7.20.
フォトグラファーAさんの勧めでUniCafeにランチを食べに行きました。
ここでのUniとはHelsinki Universityを指しています。

 

www.unicafe.fi

 

サラダ、パン、数種類のじゃがいもはセルフ、最後にスタッフのおじいちゃんにチキンソースorベジファラフェルorベイクドポテトの中から一種類を追加してもらうシステムでした。

 

私はチキンソースにしました。じゃがいも率の高さにまだ慣れません(笑)

 

学生の方々はミルクとお冷やを1セットで取っていたので私も便乗してみました。

 

f:id:aakikko:20180612173538j:image


学生は4€、ビジターは6.8€とかなり良心的な価格でしたが、味は私には今ひとつでした。

 

メニューによりますが、私だったらあと3€多く払って、レバノン料理屋さんSandro サンドロのブッフェランチに行きますかね^^;

 

f:id:aakikko:20180612173600j:image

 

Sandroは、日本で見慣れない野菜や豆の料理がたくさん食べられますし、オプションで肉や魚料理も付けられます。

 

ヘルシンキの中心街だけでも3店舗を構えるほど人気のレストランです。あと内装もおしゃれ。

以下、中央駅から近い順▼

www.sandro.fi

 

www.sandro.fi

 

 

www.sandro.fi