東京のOLがフィンランドでインターンした話

フィンランドの美術学校でインターン後、北欧雑貨のバイヤー、モデル、ライターとして活動/現地の体験やマニアックな情報を公開中

天国の散歩道

2016.7.14.

私の入国した翌日にフィンランド入りしたHさんから散歩へ行かないかとの誘いがありました。時刻はすでに21時過ぎですが、夏のフィンランドはこの時間帯でも真昼のように明るいのです。

 

私は二つ返事で、待ち合わせ場所のアラビアファクトリー前に向かいました。定刻どおりに現れたHさんと合流して、そこから技術博物館 Tekniikan museoのバス停近くの橋へと歩いて行きます。

 

f:id:aakikko:20180529131035j:image

 

夜遅い時間帯なので人は少ないですが、ランニングする人、私たちに絡んでこようとする酔っぱらいの中年男女など、皆思い思いに夏の夜を楽しんでいます。

 

茂みを越えて視界が開けた先には優しい色の空と湖が広がっており、遠くには気球も見えます。聞こえるのは鳥のさえずりと風の音だけです。

 

f:id:aakikko:20180529132314j:image

 

私の中では、美しい景色の最大値が更新された瞬間でした。

 

iPhoneカメラのパノラマ機能をあまり使ったことがないのですが、私はこの瞬間を心から残しておきたいと感じたので、息を止めて何度も撮影にトライしました。

 

こらこら、ペットボトルを入れないでくださいよHさん。

 

f:id:aakikko:20180529131549j:image

 

今度は成功!

 

f:id:aakikko:20180529131636j:image

 

あまりにも水辺が静かなので、私は小学生時代に替え歌が流行った「静かな湖畔」の輪唱を思い出しました。

 

Hさんも原曲を知っているようでしたが、歌詞が地域や世代で異なるのか、全く噛み合わなかったため、輪唱は断念しました。無念。

 

ちなみに今回の散歩コースにあったカフェ Koskenrantaは営業していませんでしたが、工場のような平屋の外観が素敵だったので、いつか行ってみたいです。

 

いつまでも見ていたい風景に出会えた幸せな夜なのでした。

 

f:id:aakikko:20180529132245j:image