日本とフィンランドのブログ[noteに移行します]

ポルヴォーアートスクールで体験した”本当の”フィンランド教育や都内の北欧イベントレポートを週1で更新予定。記事寄稿などについてはコメント欄かTwitterのDMよりどうぞ。

スオミの切手5

今日の絵柄はヘルシンキの観光スポットでおなじみのカウッパトリです。

中央右側にはロシアの影響を色濃く残すウスペンスキー寺院が見えます。

 

f:id:aakikko:20180925202709j:image

 

この切手は1970年代から発行されているそうですが、市場のテントはこの頃からオレンジ色なのでしょうか。

 

以前、私がピロシキをカウッパトリで食べたときの写真からも分かるように現代もテントはオレンジ色です。

 

フィンランドは建物の色が法律で制限されていると聞いたことがありますが、観光名所のテントも同じ扱いなのでしょうか。

 

学生時代の卒業旅行で行った箱根の温泉街でセブンイレブンが茶色かったのが印象に残っていたことをふと思い出しました。

 

f:id:aakikko:20180925212833j:plain

 

ちなみに、このピロシキヘルシンキの有名なパン屋さんエロマンガのもの。

 

パンの部分が分厚くてひき肉に到達するまでが長かったですが、ホッとする素朴な味わいでした。

単品よりもスープやサラダと一緒に食べるのがとってもおすすめです。

 

それでは、もいもーい。