日本とフィンランドのブログ[noteに移行します]

ポルヴォーアートスクールで体験した”本当の”フィンランド教育や都内の北欧イベントレポートを週1で更新予定。記事寄稿などについてはコメント欄かTwitterのDMよりどうぞ。

本気のフィンランドBARゆおっぽらっりに行ってきました

12月某日。

フィンランド好き2人組によるフィンランド好きためのイベントゆおっぽらっり Vol.3に行ってきました。

 

www.juoppolalli.tokyo

 

こちらのイベントはもともと今年の5月に開催されたのですが、お二人の細やかなホスピタリティとおいしいフィンランドごはんが大人気で満員御礼、3回目を迎えています。

 

今回は12月にフィンランドのあちこちで開催されるピックヨウル(忘年会みたいなパーティー)がテーマで、独立記念日にあたる12月6日も近いのでそのお祝いもしていました。

 

人と話すのに夢中で写真がまったくないのですが・・・

 

クリスマスシーズンのフィンランドでお馴染みのピパルカック(薄いジンジャークッキー)、グロッギ(ホットワインのような飲み物にアーモンドやレーズンを入れたもの)、ヨウルキンック(クリスマスハム)はもちろん、主催者のうちの一人の女性は9月にフィンランドの森で摘んだきのこを乾燥させて持ち帰り、それを使ったソースをライ麦のパンやクラッカーにのせて提供してくださるという徹底ぶりでした。

 

かろうじて手元にあった写真。クリスマスハムにディル。ピンク色のクリームはビーツで色づけられています。

 

f:id:aakikko:20181207234610j:image

 

壁には世界一まずい飴でおなじみのサルミアッキのクリスマスカレンダーまで飾ってありました。

 

その他に、現地でしか手に入れられないフィンランドウォッカクラフトビール、Fazerのチョコやスナックなどが山ほどテーブルに置いてあり、隣りにいたフィンランド人女性は「ここが日本とは思えない」とびっくりしていたほどの充実ぶりです。

 

(例えるなら、日本のものが売ってなさそうな異国の地のパーティーに行ったら、ハッピーターンじゃがりこブラックサンダーなどが出てくるイメージでしょうか。)

 

私は連日あちこちに足を運び少し疲れていたので、小一時間ほど顔を出して帰ろうと思っていたのですが、気づいたら会場のクローズまで居座ってしまいました(笑)

 

この界隈で出会う人々は、老若男女問わず色んな物事に対してオープンだったり、「日本で社会人一年目になったけど、やっぱりフィンランドで学びたい」、「フィンランド語を学んで、フィンランドの映画を理解できるようになりたい」とそれぞれ目標を持っておられる方もいたりすることが多く、私もやるぞー!という前向きな気持ちになれます。ありがたいことです。

 

先月、私はあるコミュニティ(8年くらい属している)の打ち上げに参加しました。

そのときにものすごく不思議に感じたのは、自分と同じ20代の人たちの会話内容が過去に自分たちが共有したエピソードに2時間まるまる終始していたことです。

 

私は「ここは中高年の同窓会か?」と錯覚しました。

 

何を話すかはもちろん自由ですし、いちゃもんをつけたくないですが・・・もう10回以上は聞いてる話ばかりで、私から今や未来の話題をふっても全然膨らまない不思議。

 

そのことについて違和感を持っていたのですが、ゆおっぽらっりで出会った人たちとの交流を通して、その正体が「フォーカスしている時制のちがいから生じたもの」という確信が自分の中に育って、帰り道はお腹いっぱい&心も晴れやかになれたのでした。

 

ごちそうさまでした!