日本とフィンランドのブログ[noteに移行します]

ポルヴォーアートスクールで体験した”本当の”フィンランド教育や都内の北欧イベントレポートを週1で更新予定。記事寄稿などについてはコメント欄かTwitterのDMよりどうぞ。

薬の色が人間に与える影響

日曜のニュースより▼

yle.fi

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

薬の色が人に与える影響は大きい。

例えば、人は赤い薬は興奮剤、青い薬は睡眠剤と考える。このように考えることは薬効に影響を与えるほど重要なことである。

 

この考えの力は研究者のIlari Sireniusを驚かせた。彼は「どのような希望や思いが人々の薬の選択に影響を与えるか」を研究した。

Sirenius氏は「人々は自分が親しみを感じる色の薬を選びたがる」と述べる。

 

多くの人は、咳によく効く薬を茶色だと考える。なぜなら、咳の薬の色は大体その色であるからだ。そして鎮痛剤の色は白だとよく効果を発揮する。

 

Sirenius氏の研究によると、我々が薬局で何を買うか動機はひとつだけではないそうだ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------