日本とフィンランドのブログ[noteに移行します]

ポルヴォーアートスクールで体験した”本当の”フィンランド教育や都内の北欧イベントレポートを週1で更新予定。記事寄稿などについてはコメント欄かTwitterのDMよりどうぞ。

スポーツカーとロースター

▼昨日の夕刊より。

www.iltalehti.fi

 

私が住んでいた街ポルヴォーが「リアル"Man cave"の楽園になる」と報じられています。

 

Man caveという言葉を私はそもそも知らず「男の洞窟とはなんぞや?」と思いながら調べてみると英語の俗語で男性たちが趣味を楽しむための部屋を意味するそうです。

類語としてManctuaryという表現もあるようです。とっても楽しそうですね。

 

記事では、ランボルギーニやポルシェのオーナーが昨夏にポルヴォーの土地を3.5ヘクタール購入して車体がよく見えるようにガラス張りのガレージを建て、これから車関係のイベントやカフェ、小さなショップを開いて、車好きたちと楽しもうと計画中だそうです。

 

また、どうやらこのガレージエリアにポルヴォーのロースターのひとつKea Coffeeが入るのだそうです。

 

Kea Coffeeはポルヴォーの中心街から離れているので行ったことはありませんが、観光地のど真ん中にあるPorvoon Paahtimoは私のお気に入りでした。

 

店内は薄暗く落ち着いた雰囲気で、テラスはポルヴォー川と対岸の景色を楽しむことができます。おすすめです。

 

Porvoon Paahtimo