日本とフィンランドのブログ[noteに移行します]

ポルヴォーアートスクールで体験した”本当の”フィンランド教育や都内の北欧イベントレポートを週1で更新予定。記事寄稿などについてはコメント欄かTwitterのDMよりどうぞ。

スウェーデン系フィンランド人の文化ウイーク

今週月曜日からスタートしました。なんと、金曜まで毎日、日替わりでプログラムが用意されています。

 

▼イベント一覧

The Finnish Institute in Japan HALLÅ TOKYO!スウェーデン系フィンランド人文化ウィーク!

 

そもそもスウェーデンフィンランド人とは、

 

フィンランドに約30,000人存在する(マイノリティ)

スウェーデン語を母語とし、独自の文化や言語の中で生きる人

 

を指します。

 

フィンランド公用語フィンランド語とスウェーデン語であり、駅名や標識にはフィンランド語とスウェーデン語と両方記載されるので、私も初めて旅行で訪れたときは少し混乱した経験がありました。

 

例えばメトロの電光掲示板に「Itäkeskus」と表示された直後に「Östra centrum」と出るのですが、両方とも同じ地名なのです。(前者はフィンランド語、後者はスウェーデン語)

 

ちなみにこの画像は去年の秋時点のヘルシンキメトロの路線図ですが、気持ち良いほどシンプルですね。現在は西側エスポーにも路線が延びてしまいましたが。

 

f:id:aakikko:20181106234323j:image

[Quote from here

―――昨日はちょうど六本木のフィンランドキッチンTaloさんでスウェーデン語を話す会がありました。

 

私も行ってみたかったですが、スウェーデン語で数をかぞえるのもままならないため、断念。

 

実は、スウェーデン語で書いてあるartekの本をポルヴォーのフリーマーケットで購入して1年が経とうとしています。。いつか読める日が来るのでしょうか・・・