東京のOLがフィンランドでインターンした話

ポルヴォーアートスクールで体験した”本当の”フィンランド教育の記録です。お問い合わせはコメント欄またはTwitter(@akotwi)のDMよりどうぞ。

出国の朝に起きた不思議な出来事

2016.7.13.

8年間住んだ目白のアパートの一室に存在するのは、スーツケースと床に敷いたタオルと私だけです。

ベッドは早めに回収に出してしまったので、しばらくフローリングの上で寝ていました。

(背中が痛い・・・)

 

昨夜、江古田のイスラエル料理屋さんで食べきれなくてテイクアウトしたピタサンドが朝食です。

 

f:id:aakikko:20180526151055j:image
f:id:aakikko:20180526151051j:image

 

今思えば、私、最後の晩餐をどうしてお寿司などの日本食にしなかったんだろう・・・おいしかったけど。

 

ピタサンドでお腹を満たした後、ソフトコンタクトレンズを装用しようと片目分のパックを開いたところ、なぜか2枚入っていました。

 

f:id:aakikko:20180526151118j:image

 

高校時代から10年近くジョンソンエンドジョンソンさんのお世話になっていますが、このような現象は初めてです。

 

1個の卵を割って、黄身が2個出てきた経験も今までの人生でなかったので、思わずテンションが上がってしまいました。

 

「これはきっと、もうこの世にいない私の家族とご先祖の人々が応援してくれているのかも・・・」

 

私はそんなことを思いながら身支度を整えて、羽田空港へ向かったのでした。

 

もう、レフティのメキシカンオムライスも、卯月のお寿司も、プァンタイのタイ料理も、エーグルドゥースのミルフィーユも、椎名町の中華タカノの定食も、食べられなくなっちゃうかもしれないのは寂しいな。

 

グッバイ目白。良い街だった!