日本とフィンランドのブログ[noteに移行します]

ポルヴォーアートスクールで体験した”本当の”フィンランド教育や都内の北欧イベントレポートを週1で更新予定。記事寄稿などについてはコメント欄かTwitterのDMよりどうぞ。

奇跡の格安バスOnniBusでヘルシンキへ

2016.8.21.

今日はOnniBus(オンニバス)という格安バスに乗って、久しぶりにヘルシンキへ行きます。

 

ポルヴォー経由のOnniBusの本数は土日となると、あまり多くありません。

しかも始発が10:30と遅めとはいえ、運賃が破格なので選びました。往復6€です。

来週もヘルシンキに用があるのでチケットを買いましたが、そちらは往復5€でした。

 

通常の市バスPorvooliikenneなどを使ってポルヴォー~ヘルシンキ往復だと18€~22€するんですよね。

 

OnniBusはwebページから予約・クレジットカード決済して、eチケットを運転手さんに見せれば乗車できます。

 

トゥルクやタンペレなど様々な地方都市へ行けますし、トイレやWi-Fi(2階席のほうが接続が安定してるかも)も完備されていて、日本円換算で2,000円以上も交通費のコストを抑えられる。

 

OnniBusを使わない理由がありません・・・

 

さて、乗車から1時間後、ヘルシンキに着きました。

 

今日、私がヘルシンキに来た目的は洋服を買い足すためです。

 

フィンランドに来てから、現在3着を毎日ローテーションしていますが、お洗濯の頻度が高くて、だんだんしんどくなってきたのです。

 

f:id:aakikko:20180829092400j:image

 

私はその足でR-kioskiへ向かい、デイチケット(1日乗り放題)を買いました。

 

レジの若いお兄さんが「フィンランド語を上手に話すね!」とフィンランド語で褒めてくれてうれしかったです。

 

日本だと店員さんがこのように話しかけてくることがないなーとふと思いました。

 

フィンランド人はシャイだ」

 

という話は日本でも耳にタコができるほど聞いていますが、いやいやそうでもないし、むしろ日本人の方がシャイなのでは?と私はフィンランドで1ヶ月暮らして、そう思うようになりました。

 

その足でヒエタラハティのフリーマーケットに洋服を探しに行きます。

めぼしい普段着はありませんでしたが、marimekkoのダウンのコートが気になってしまいました。

 

そのブースのおばちゃまも、それはまあよく喋る人で、私は「やっぱりフィンランド人ってシャイじゃないじゃん!」と確信めいたものを感じるようになりました。

 

その後、marimekkoのファクトリーアウトレットへ行ったり、Cosの店舗を見たりしました。

 

Cosの向かいにあるBeamhillというセレクトショップでは、日本のorslowやスウェーデンのAcneなどを取り扱っているので、いつもじっくり見てしまいます。

 

結局、その日はmarimekkoのシャツワンピースを1枚購入しただけでした。

 

こうして、1年居る予定のフィンランドで、私の手持ちの洋服はようやく4枚になったのでした。

 

それでは、もいもーい。