日本とフィンランドのブログ[noteに移行します]

ポルヴォーアートスクールで体験した”本当の”フィンランド教育や都内の北欧イベントレポートを週1で更新予定。記事寄稿などについてはコメント欄かTwitterのDMよりどうぞ。

バイヤーの一品:marimekkoの限定ティータオル

2016.8.9.

ぐっすり眠れたので、これをフィンランド語でなんと言うのだろう・・・と、のん気なことを考えながら目が覚めました。

 

今日は日本からリクエストされていたmarimekkoのティータオルを仕入れる日。

果たして、ポルヴォーまで入荷しているのでしょうか。

 

朝食を済ませて指定のスーパーへ行くと・・・ありました!

 

f:id:aakikko:20180725082535j:image

 

今年はモノクロなんですね。

可愛らしいお花のモチーフですが、色がクールなので男性のおうちにも合いそうな印象を持ちました。

 

ヘルシンキのスーパーでは開店と同時になだれ込む日本人もいたそうですが、ポルヴォーはいたって平和です。このシリーズを買うために来た人は、私の周りにいませんでした。

 

私のふだんの買い付けは、廃盤やヴィンテージの生地、雑貨、古着なので、新品を買い付けるのは新鮮な体験でした。

 

一仕事済ませて、アートスクールへ出勤。K先生とP先生がSipooにある姉妹校から来ていました。

 

ランチタイムは食堂で提供された中華麺らしきものを食べながら、インターン生とジブリ作品の話で盛り上がりました。

午後は、教材にあたる生地のアイロンがけ、授業のアシスタントをしました。

 

終業後にリサイクルショップと古本屋をはしごして、語学クラスで使うsuomenmestariという教科書を探しました。なぜなら、本屋さんでは売り切れていたからです。

きっと直近ここでその本を買った人は間違いなく私とクラスメイトになる人でしょう(笑)

 

帰りは食材の買い出しをしました。ライ麦パンのバンズは5個で0.37c(50円前後)、全粒穀物は1kgで2€(250円前後)。

 

f:id:aakikko:20180725082556j:image

f:id:aakikko:20180725082559j:image

 

フィンランドは物価が高いイメージを日本で持たれていますが、野菜・果物・穀物に関しては日本より安いと思います(再)。

 

それでは、もいもーい。