東京のOLがフィンランドでインターンした話

フィンランドの美術学校でインターン後、北欧雑貨のバイヤー、モデル、ライターとして活動/現地の体験やマニアックな情報を公開中

「オンネリとアンネリのおうち」トークイベントに行ってきました

映画「オンネリとアンネリのおうち」が日本で6/9(土)から劇場公開されます。

 

www.onnelianneli.com

 

原作はMarjatta Kurenniemi女史によるフィンランド児童文学作品。本シリーズの映画は国民の5人に1人が観るほどヒットしたそうです。

 

日本では劇場公開前に翻訳者 渡部翠さんのトークイベントが開催されました。

 

フィンランドでのエピソードを語る翠さんがあんまりにもチャーミングなので、私はちゃっかり質問したり、訳書を買い求めてサインまでもらったりしてしまいました。


まさか、私が童話の本を手に取るとは・・・

 

f:id:aakikko:20180606184530j:image

 

実のところ、私は童話があまり好きではありません。

 

理由は、自分が幼い頃に触れたお話はいつも親や先生が子どもに対して「苦労しないとハッピーになれないぞ」と説教するツールのように感じられたからです。

 

もちろん、解釈の仕方は人それぞれです。そもそも主人公が困難に立ち向かう展開にこそ、物語の面白さがあって、時代を超えて人々に愛されるのだと思います。

 

例えば、帝国軍が攻めてこないスター・ウォーズなんてあり得ませんし。(私はローグ・ワンが好きです)

 

ところで翠さんはトークの中で、

 

フィンランドの小学校低学年の先生が一番大事にしていることは、とにかく子どもたちを本好き・物語好きにすることです

 

と語っていたのが印象的だったので、私は自分が小学校で触れた作品をいくつか思い出してみました。

 

力太郎」「モチモチの木」「ちいちゃんのかげおくり」「ごんぎつね」

ヘルマン・ヘッセの「少年の日の思い出」

 

これらを読んで「おもしろかったな〜、次は何を読もうかな?」という気持ちにはとてもなれなかったですね(笑)

なんでこんなに退屈で幸の薄い作品ばかり揃えるのでしょうか。不思議。

 

私が自発的に本を読むようになったのは社会人になってからですが、もしも小学生時代に自分の琴線に触れる作品に出会い、本をたくさん読んでいたら、10代のうちに自分の世界や可能性をもっと広げられたのでは、と思うことがあります。

 

「子どもたちを読書好きにする」というミッション、日本の教育現場でもこの考え方が取り入れられることを願うばかり。

 

さて、読書好きを育む国からやってきた児童文学「オンネリとアンネリのおうち」、これから読むのが楽しみです!